【2018年12月】新電力への切り替えが20%越え!約1284万件に

2018年12月新電力乗り換え件数

 

 

2018年12月14日に経済産業省より発表されたニュースリリースでは

 

新電力へのスイッチング率が20パーセント越え(低圧)
およそ1,284万世帯が新電力に乗り換えたようですね。

 

エリア別では関東および中部・関西地方のお宅での
新電力への切り替えが最も進んでいるようですよ。

 

概要を経済産業省ホームページから引用すると

 

一般家庭向け(低圧)のスイッチング件数が平成30年9月時点で約1,284万件に達し、スイッチング率としては20.5%に到達しました。

 

スイッチング件数の内訳としては、みなし小売電気事業者から新電力へのスイッチング件数(事業者間)が約795万件(12.7%)、みなし小売電気事業者内のスイッチング件数(事業者内)が約489万件(7.8%)となっています。

 

引用元:経済産業省ニュースリリース
http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181214004/20181214004.html

 

エリアごとの新電力スイッチング率としては
北海道エリア 13.9パーセント
東北エリア 8.2パーセント
東電PGエリア 22.5パーセント
中部エリア 29.0パーセント
北陸エリア 7.2パーセント
関西エリア 26.1パーセント
中国エリア 18.2パーセント
四国エリア 14.1パーセント
九州エリア 16.1パーセント
沖縄エリア 0.4パーセント

(平成30年9月末時点)

 

 

新電力切り替えエリア別

 

 

どんな電力会社が人気になっているかというと

 

 

 

 


(平成30年9月時点)

 

東京ガスがシェア20パーセントで1位となっています。
2位にKDDI、3位は大阪ガスとなっていますね。

 

Looopでんきは10位でシェア2パーセント
東急パワーサプライは11位でシェア2パーセントとなります。

 

 

新電力比較サイト

 

 

2019年は電力自由化がはじまって3年目を迎えます。
まだまだ新電力への切り替えが進んでいくことでしょう。

 

まず、各社の電気料金やサービス内容を比較してみて

 

お宅の電気代がどの程度安くなるのか?
シュミレーションからはじめてみることがおすすめですよ!

 

 

 

TOPへ